マニュアルでお客さまの負担を軽減

業務マニュアル作成

ご用意いただける資料などが少ないときでも、クレストコンサルティングの豊富な業務マニュアル作成の経験を活かし、不足部分を補うことが可能です。
マニュアル作成を行うことで業務の棚卸し・整備につながるため、標準化・効率化はもちろん、承認ルートの漏れの発見など、リスクマネジメントを強化することができます。

こんなことでお困りではありませんか

マニュアル整備は後回しになりがち...マニュアルは強い味方になります。

こんなことありませんか?

業務の属人化・ブラックボックス化により、業務処理のバラツキが起きてしまっている...

業務が標準化されていないため、管理コストが削減できない...

マニュアルはあるものの内容が更新されず、誰も使わないものになっている...

必要な情報がどのマニュアルのどこにあるのか、情報がバラバラすぎてわからない...

業務マニュアルを作成するメリット

マニュアルを作成するために業務の棚卸しを行い標準化されることにより、業務概要や処理手順、処理に際しての決裁権限や取扱いルールなどが明確な、誰もが理解できる「見える化」を実現できます。
また、業務処理の正確性と効率が向上し、誰が担当しても同質な業務結果が得られます。

業務品質のバラツキの防止

アルバイト社員が当該業務を担当しても、ベテラン社員と同程度の仕事をこなすことが可能となり、業務処理のバラツキが減り均質性を維持できます。

業務処理の効率化

標準化された業務の流れで進めることから、「無理・無駄・ムラ」をなくすことが可能となります。

管理コストの削減

業務処理の標準化により、イレギュラーをなくし、管理コストの削減が実現できます。

リスクマネジメント

業務の見える化により管理の安全性が増加します。また、マニュアルを通じて業務プロセスを検討、議論することによりリスクを未然に防止します。

専門性が高く実績のある会社だからこそ実現できる最適なマニュアル

クレストならではの強み

クレストでは1989年の会社設立以来、「システム化をスムーズに行うため」「導入システムを有効に利活用するため」のコンサルテーションを手がけてまいりました。
これらのコンサルティングで培ったノウハウがあるからこそ、ユーザー目線でのマニュアル作成が可能です。
また、数多くのマニュアル作成経験から、業務改善や効率化につながる、貴社にもっとも適したマニュアルをご提供いたします。

  • 丁寧で的確なヒアリン

    丁寧的確なヒアリング(遠隔地への対応も可能)

  • メンテナンスがしやすいマニュアル

    お客さまサイドでも、作成後のメンテナンスがしやすいマニュアルをご提案

  • 業務改善にもつながるマニュアル

    業務の見える化により、業務改善にもつながるマニュアルを作成

  • ユーザー目線のマニュアルを作成

    ユーザー目線のマニュアルを作成

  • ユニバーサルデザインに基づいたマニュアル作成

    ユニバーサルデザインに基づいたマニュアル作成が可能

  • 過不足も補足

    きれいに整えるだけではなく、業務の過不足も補足します

ご質問、ご不明点等お気軽にご相談ください。

作成の流れ

業務概要の把握

既存マニュアル等、資料の内容を確認します。

お客さまへの依頼事項

資料のご提供をお願いします。

マニュアル体系検討

マニュアル分冊構成、目次構成、リンク構成を検討します。

マニュアルテンプレート検討

マニュアルのレイアウト・デザインを検討し、テンプレート(ひな形)を作成します。

原稿作成

マニュアル体系、テンプレートが決定した段階で原稿作成に入ります。

ヒアリング

(状況に応じて)
ヒアリングを行い、結果を原稿に反映します。

お客さまへの依頼事項

ヒアリングへのご協力をお願いします。

原稿修正

お客さまのレビュー結果を原稿に反映します。

お客さまへの依頼事項

原稿レビューをお願いします。

全体調整、納品

マニュアル全体の最終調整を行い、納品します。

閲覧方法

  • Webマニュアル

    イントラネットでの閲覧も可能です。

  • 動画マニュアル

    文章では伝わりにくい内容を動画で表現します。

  • PDFマニュアル

    手軽に作成でき、見たままの印刷ができます。

  • 紙媒体

    ご希望の形態でお作りします。

業務マニュアルの種類

全社共通

  • コンプライアンスマニュアル
  • 災害対策マニュアル
  • 危機管理マニュアル
  • 新入社員研修テキスト

など

部門別

  • 販売・営業業務
  • 営業管理業務
  • 調達業務
  • 人事管理業務
  • 経理業務
  • 財務管理業務

など

業界・分野別

  • 金融サービス
  • 不動産
  • 介護サービス
  • サービス業

など

業務マニュアル作成事例

コラム

「マニュアル改訂」と「マニュアル改定」はどちらが正しい日本語?

「マニュアル改訂」と「マニュアル改定」はどちらが正しい日本語? 業務マニュアル

既に作成してあるマニュアルを見直し、必要に応じて手直しして再度リリースした場合、「マニュアル改訂」と「マニュアル改定」では、どちらが正しいのでしょうか。 今回は、「改訂」と「改定」という、よく似た日本語の意味と使い方について解説していきます。 目次「改訂」は「改めて訂正する事」を意味し、言い回しや内容、語句などを直し改める事「改定」は「改めて定める事」を意味し、決まっていた事を定めなおす事「改訂」や「改定」とよく似た言葉「改正」とは、誤りを正す事マニュアル改訂と、マニュアル改定で相応しい日本語は…

マニュアル翻訳を頼むときに多い失敗と依頼するときのポイント

マニュアル翻訳を頼むときに多い失敗と依頼するときのポイント 業務マニュアル

マニュアル翻訳を専門企業に任せても、納得できない仕上がりになることが少なくありません。 また、「仕上がりが良いのか悪いのか」などの判断ができるならまだしも、依頼者(とその関係者)がその言語に精通していないのであれば、「マニュアル翻訳のクオリティーがどうなのか」を見極めることはできません。 ですから、とにかく信頼性の高い翻訳者に任せるしかありません。 マニュアル作成依頼で失敗しないためにも、今回紹介していく「マニュアル翻訳依頼でよくある失敗」と「失敗しないための依頼のポイント」をしっかりお読みくだ…

理解しやすい研修テキストの作り方のコツ

理解しやすい研修テキストの作り方のコツ 業務マニュアル

新人研修や、ステップアップ研修など、社内で研修をおこなう際に不可欠となるのが研修テキスト、研修マニュアルです。 この研修テキストが使いづらかったり分かりにくかったりすると、研修をスムーズに進める事が難しく、レクチャーする立場の人も困りますし、研修を受ける人も理解が進みません。 テキストが分かりやすければ、研修そのものもスムーズに進める事ができますし、研修が終わった後もテキストで振り返りや復習が容易にできるようになります。 今回は、理解しやすい研修テキストの作り方のコツをご紹介します。 目次 誰に…

良いマニュアル作成に必須!文章の校正のコツ!

良いマニュアル作成に必須!文章の校正のコツ! 業務マニュアル

  目次【良いマニュアル作成に必須!文章の校正のコツ!】校正とは日本語が正しいか、文章が正しいかのチェックをする事校正で見つけ出すべき指摘事項とは?8つのチェックポイント1.誤字・脱字はないか2.数字は合っているか3.同じ言葉の書き方は統一されているか4.数字・英字・記号の半角や全角がバラバラになっていないか5.固有名詞は正しいものになっているか6.正しい日本語になっているか(特に「~たり」は注意)7.同じ表現を不自然に繰り返していないか(かぶり言葉)8.ひとつの文章の長さは適切か(短…

テクニカルマニュアルやテクニカルライティングの”テクニカル”とは

テクニカルマニュアルやテクニカルライティングの”テクニカル”とは 業務マニュアル

マニュアル作成において、外注をする際に「テクニカルライティング」や「テクニカルマニュアル」という言葉を耳にする事があります。 「テクニカルライティング費用」や「テクニカルオプション」など、主にライティングのクオリティと費用を決める上で登場する、この「テクニカル」という言葉は、調べてみると「専門知識を必要とするライティング」や「技術文書」などの説明が出てきます。 しかし、それだけ聞いてもいまいちよく分からない・・・。 専門知識という事は、例えば家電の取扱説明書を作る場合は、その家電についての専門知…

マニュアル作成費用は内容などにより異なります。お気軽にお問い合わせください。