動画マニュアルと紙マニュアルそれぞれのメリットを比較してみた

マニュアルは動画と紙媒体、どちらで作るべき?

マニュアルは動画と紙媒体、どちらで作るべき?

マニュアルというと、分厚い冊子を思い浮かべる方も多いかと思いますが、最近では動画でのマニュアル作成も普及しつつあります。

パソコンやスマートフォンで簡単に動画が見られるようになった事により、研修前に事前に動画マニュアルを視聴するよう新人に促す企業も増えてきています。

今回は、そんな動画マニュアルと、昔ながらの紙マニュアルの、それぞれのメリットを比較してみました。ケースによってどちらがより適しているか決まりますので、検討材料としてご活用ください。

動画マニュアルのメリット5つ

1.文字や図だけでは伝える事ができない「動き」を直接見せる事ができる

動画マニュアルは、作業工程や、実際の作業の様子を動画に撮影してそのまま見せる事ができます。

文字や図だけでは説明が難しい「手順の流れ」「細かい動き」などを正確に分かりやすく伝えるには、動画マニュアルが適しています。

2.必要な箇所を繰り返し再生して習熟度を上げる事ができる

動画マニュアルは、必要な箇所、一度ではしっかり理解しきれなかった箇所を、何度も繰り返し再生する事ができます。

短期間で何度も動画マニュアルを視聴して理解度を深める事により、習熟度を効率よく上げる事が可能です。

3.印刷費用がかからないため、コスト削減できる

紙マニュアルは1部作るのに印刷費用がかかります。

内容の多い分厚いマニュアルは1冊増刷するのにかなりの費用がかかる事もありますが、動画マニュアルならば、データをシェアする事により共有ができますので、印刷コストは一切かかりません。

4.スマートフォンやパソコンでいつでもどこでも確認ができる

動画マニュアルのデータを共有すれば、学習者はいつでもどこでも動画の確認ができるようになります。

自宅や移動中にも動画マニュアルを見る事ができれば、いつでもどこでもマニュアルの内容を学ぶ事ができます。

ただし、個人情報や企業秘密などが含まれる場合は、会社のパソコンでしか視聴できないようロックするなど、管理に気を付けましょう。

5.「読み飛ばし」を防止する事ができる

紙マニュアルだと、読み手がうっかり読み飛ばしてしまったり、つい流し読みしてしまって全く記憶に残らなかったりするリスクがありますが、動画マニュアルならば、言葉と動画で説明されるため、読み飛ばしや流し読みのリスクを防止する事ができます。

紙マニュアルのメリット

1.自分のペースで学習する事ができる

例えば、文章を読むのが早い方は、短い時間でマニュアルを読んで理解する事ができますが、動画マニュアルだと一定の時間は動画を見ていなければはならないです。

逆に、ひとつひとつゆっくりと理解していくタイプの方は、動画マニュアルの説明の速さについていけないかもしれません。

紙マニュアルならば、読み手の読解力や理解度によって、自分のペースで学習を進めていけます。

2.メモを書き込みながら習熟度を上げる事ができる

紙マニュアルは、マニュアルそのものに書き込みをする事ができます。

動画マニュアルは、ノートや白紙にメモを取りながら視聴する事はできますが、図に書き込む事や、重要なポイントにアンダーラインを引いたりする事はできません。

メモを書き込んだり、重要ポイントに線を引いたりする事によって、記憶により鮮明に残る効果や、習熟度を上げる効果が期待できます。

3.老若男女問わず受け入れやすく、「動画が再生できない」などのトラブルが起こらない

動画マニュアルだと、再生の仕方や操作の仕方でつまずいてしまう可能性のある高齢者の方もいるかもしれませんが、紙マニュアルならば、ただ読むだけなので、老若男女だれでもトラブルなく読み進める事ができます。

また、紙マニュアルは動画マニュアルに比べて、パソコンなどに慣れていない方でも抵抗感がなく、ストレスを感じる事なく学習に集中できます。

4.動画再生ができない環境でも確認が可能

紙マニュアルは、動画の再生ができない環境でも、確認する事ができます。

自宅や移動中でも学習が可能ですが、外部流出してはならない情報が含まれる場合は、持ち出し禁止などの対策を取りましょう。

5.必要な箇所をピンポイントで確認する事ができる

きちんとインディックスのついている紙マニュアルは、必要な情報をいつでもピンポイントで確認する事ができます。

動画マニュアルも、チャプタで細かく区切っておけばある程度は対応できますが、紙マニュアルと比べると、必要な情報にたどり着くまでに時間がかかります。

ニーズに合わせて動画マニュアルか紙マニュアルか選択しましょう

動画マニュアルと紙マニュアルのメリットを、それぞれ5つずつご紹介してきましたが、どちらが良いか判断するには、ニーズに合わせるのが一番です。

例えば、文字や図だけでは説明が難しく実際に動作を見せて説明した方が良い作業については動画マニュアルを、

必要な時にすぐに情報の確認ができるような事項をまとめたマニュアルは紙マニュアルを、

といった具合で、適した媒体を選ぶと良いです。

マニュアル作成費用は内容などにより異なります。お気軽にお問い合わせください。